首のイボを治しても再発ってあるの?

首のイボがなくなって気分もよくなり、ある程度期間がたったころ、鏡を見てびっくり…。
また似たようなイボができている、とお悩みの方はいらっしゃいませんか。

 

首のイボは再発するの?とよく聞かれることがあります。
はい。首のイボは残念ながら再発します。
とてもがっかりしたため息が聞こえてきたような気がいたします。

 

でも大丈夫です。首のイボが再発しないために、まず首のイボができる原因から探っていきましょう。
そして対策を知る事で、首のイボの再発を徹底的に防げます。

 

まず顔、首、さまざまなところのイボが出来る原因は、3つに絞れます。
紫外線によるダメージ、摩擦、加齢です。
加齢といっても、皮膚の加齢ですね。皮膚の加齢は若い内からどんどん進んでいます。

 

紫外線によって肌がダメージを受けると、そのダメージから肌を守るために、メラノサイトというところから「メラニンを作って肌をガードせよ」という指示が出されます。
メラニンというのは悪いものではなくて、紫外線のダメージから肌を守るためにあるものなんです。
新陳代謝がちゃんとできている肌であれば、メラニンは汗や垢と一緒に体外に排出されます。
しかし新陳代謝がしっかりできていない、加齢が進んだ肌ではメラニンが残ってしまい、シミになります。
このシミがイボの大好物なんですね。シミのあるところにイボがとても出来やすいのです。
なので、首のイボを防ぐため、また再発を防ぐためには、紫外線から身を守りましょう。
日焼け止めを使用することは勿論、サングラス、防止、日傘、ケープなどを使いましょう。
夏場は特に、アームカバーなども積極的に使っていきましょう。

 

更に日焼けした肌へのクールダウン、ケアも忘れずに行いましょう。
保湿効果が高く、美白効果のある化粧品を使ってケアしていきましょう。
肌が乾燥すると首のイボや顔のイボの発生、また再発の原因にもなりますので、保湿力の高い化粧品が望ましいです。

 

摩擦についてですが、とにかくこすらないことです。
肌はデリケートで、ちょっとしたことでも摩擦と感じます。
スクラブ化粧品をよく泡立てずにこすったり、何の準備もなく産毛そりに剃刀をあてたり。
メイクを入念にするあまり、ごしごしとメイク落としでこすったり…これら全てが摩擦です。
肌に摩擦を繰り返すと色素沈着の原因となりますし、顔のイボの再発の原因ともなります。
お顔は優しく優しく扱ってあげてください。

 

肌の加齢についてですが、まず新陳代謝を高めることが大切です。
ストレスをためないこと、睡眠をしっかりとること、食事も3食バランスよく摂りましょう。
適度な運動を行って汗腺の働きを活性化させ、老廃物を外へ出していきましょう。
アルコールや刺激物も少し控えたほうがいいかもしれませんね。

 

首のイボ、顔のイボの再発は起こること、そして、原因と対策、セルフケアとして出来ることをお話しましたが、いかがでしょうか。
補助としてイボケアの化粧品を使うこともとてもいいと思いますので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

関連ページ

病院?それとも自宅ケア?首イボの取り方
首イボの取り方とは?取り方の種類や、病院での費用など、首イボについて詳しくご紹介しています。
首イボの原因とは?対策を練りましょう
首イボができる原因や、ウイルスが原因の首イボの特徴をお伝えしています。
結局首のイボに一番いい化粧品ってどれなの?こっそりお答えします!
結局のところ首のイボに一番いい化粧品ってどれなんだろう…とお悩みの方にぜひ読んで頂きたい記事です。私の首のイボに一番おすすめの化粧品をご紹介しますね。
子供にも首のイボができてしまった!どうしたらいいか教えて!
子供さんにも首のイボができてしまった!どうしよう!とお悩みのお母様お父様にお勧めの記事です。なぜ子供さんに首のイボgができるのか、原因と対処法をまとめてあります。
角質粒が出来る原因、症状、見た目、治し方、出来る限り公開中です
お悩みの方がとても多い、角質粒の原因、特徴、見た目、治療法などについて、出来る限り調べて書いてあります。角質粒についてお悩みの方はぜひご覧になってください。