角質粒の詳細を出来る限り公開中です

今回は、首や顔にぽつぽつと黒くできる、角質粒についてお話していきたいと思います。

 

ふっと鏡を見た時、なんだか黒いポツポツがあるな、と思った事がある方は多いと思います。
でもそのうち取れるよね、とそのままにしておいたら、なんだか急に増えていたり。

 

では、角質粒ができる原因についてまずお話しますね。
角質粒は文字通り、古くなった角質が固まって黒ずんで現れたものなんです。
角質粒が出来る原因ですが、新陳代謝が活発に行われなくなったことが最も大きな原因だと思います。
他にも、紫外線によるダメージ、肌の加齢、摩擦なども角質粒と関連があると思われます。

 

紫外線により肌がダメージを受けると、メラニンが生成されます。
メラニンは悪いものではなく、紫外線によるダメージを肌の奥に届かせないようブロックするための物質なんです。
通常新陳代謝が活発な状態であれば、メラニンは垢や汗と共に体外に排出されていきます。
しかし新陳代謝が活発でない状態だと、メラニンは色素沈着を起こし、そのまま肌に残ってしまいます。
このシミ、実はイボの大好物なんです。もちろん、シミの上に角質粒が出来ることもありますよ。

 

角質粒の特徴ですが、とにかく、ポツポツザラザラしていてどことなく灰色でくすんだ色をしていることです。
やや黒っぽいこともありますね。見た目は小さなものから大きなものまでさまざまです。
ほくろかと見間違うような大きさのものもありますし、米粒程度の大きさのものもあります。
首元にできる角質粒なら、米粒より一回り小さいぐらいでしょうか。
スキンタッグとよばれるものになると、もう少し大きくなり色も茶褐色になってきます。

 

では角質粒の治し方についてです。
病院で治療する方法と、自宅でセルフケアでじっくり治す方法があります。
病院では主にレーザー治療になるかと思います。
ただ、レーザーは保険範囲の適用外となり、自由診療となってしまい、料金が病院によってそれぞれ違います。
照射開始前によく料金について話し合うことをおすすめします。
レーザー治療であればおよそ1か月から2か月ぐらいで完治するかと思います。

 

自宅でのセルフケア方法についてですが、まず新陳代謝を活発にすることが大切です。
適度な運動、入浴などで老廃物を外に出しましょう。
紫外線からのダメージから身を守ることも大切です。日焼け止めを忘れずに使って下さい。
紫外線によるダメージを回復するために美白化粧品を使うのも良いでしょう。
また、摩擦も大敵です。摩擦は乾燥を招きます。乾燥は角質粒の大好物でもあります。
うるおい効果、保湿効果の高い化粧水、保湿クリームなどで、気になる肌を保護しましょう。

 

また、イボケア化粧品を使ってみるのも手段の一つです。
イボケア化粧品は、病院などの即効果があるものではありませんが、肌を傷つけず、痕も残らずじっくり治していきます。
肌に良い成分が沢山含まれているイボケア化粧品を使えば、肌も美しくなりながらイボがとれていきますので、楽しみながらイボケアができます。
もちろん角質粒に効果があるイボケア化粧品もありますので、ぜひ探してみてくださいね。

 

今回は角質粒について詳しくお話してきましたが、いかがでしょうか。
角質粒についてお悩みの方の参考になれば嬉しく思います。

 

⇒イボ対策化粧品の詳細はこちら

関連ページ

病院?それとも自宅ケア?首イボの取り方
首イボの取り方とは?取り方の種類や、病院での費用など、首イボについて詳しくご紹介しています。
首イボの原因とは?対策を練りましょう
首イボができる原因や、ウイルスが原因の首イボの特徴をお伝えしています。
せっかく治った首のイボ、再発ってあるの?ズバリお答えします。
せっかく奇麗に治ったと思った首のイボの再発についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。首のイボの再発について、原因と対処法をまとめました。
結局首のイボに一番いい化粧品ってどれなの?こっそりお答えします!
結局のところ首のイボに一番いい化粧品ってどれなんだろう…とお悩みの方にぜひ読んで頂きたい記事です。私の首のイボに一番おすすめの化粧品をご紹介しますね。
子供にも首のイボができてしまった!どうしたらいいか教えて!
子供さんにも首のイボができてしまった!どうしよう!とお悩みのお母様お父様にお勧めの記事です。なぜ子供さんに首のイボgができるのか、原因と対処法をまとめてあります。